冬期気象データの販売

理研興業では気象データの販売を行っております。
道内各支庁の観測所および東北6件の観測所データを基に当社独自の解析による、吹雪時における正確な数値を提供いたします。

当サイトにてご注文を受け付けておりますので、ご希望の場合は以下よりお申し込みください。

観測所データのご注文はこちら

配信4要素

日別値

最大風速 / 平均風速 / 平均気温 / 吹雪量 / 最多風向

  • 雪氷調査法(気象要素から吹雪量を求めるための吹雪発生臨海風速の測定表)吹雪・吹溜り調査を基に吹雪発生条件での判定基準としました。
  • 吹雪発生条件(防雪工学ハンドブック及び雪氷調査法)における風速は、各観測所の高さの違いを解析し、吹雪発生判定を行いました。
    また吹雪発生判定と同時に吹雪量および吹溜量の推定計算も行いました。
  • 吹雪量は風速と継続時間から推定する方法で行っています。
  • 吹雪時の風速の高度分布を表す指数法則または対数法則に従って1.2mの高さの風速に換算された値を用いています。
    各観測所の風速計設置高の違いを計算し、吹雪量及び吹溜り量を算出。

極値

吹雪量 / 吹溜量 / 最深積雪データ / 吹雪発生回数

  • 月最深積雪データの取りまとめ結果も記載されています。

風配図

年度別集計一覧 / 風向別集計表+16方位グラフ表記

  • グラフ記載により過去における最多風向(主風向)が判別しやすくなっています。

確立補正

[吹溜量] [最大積雪深] [吹雪発生回数]

  • 推定誤差はJack knife法とし採用値は30年確率とする。採用分布モデルのグラフ及び一覧表を記載。
    ("防雪工学ハンドブック"は防雪計画にあたっての設計積雪深として30年確率最大積雪深を採用している)

観測所データのご注文はこちら